Menu

在宅医療

Home

在宅医療・訪問診療とはどんなものですか

イメージ画像

在宅医療・訪問診療ではあなたの住み慣れたあなたのご自宅が診察室であり病室です。医師がご自宅を訪問して患者さんの診察と治療を行います。通院することが難しい方や、悪性疾患などで自宅療養したいと希望する方に対して、その意思を最大限に尊重できるようお手伝いさせていただきます。患者さんとその家族あるいは介護をされるかたを医師や訪問看護師、ケアマネジャー、ホームヘルパー等の在宅支援チームで支えます。

在宅医療を受けるにはどうしたらよいですか

まず電話でよいのでご相談ください。ケアマネジャーさんや訪問看護師さんが来ているかたはその方を通してご相談されてもけっこうです。日時を決めて、一度診療所に来ていただいて、詳しいご説明や訪問するスケジュールをたてさせていただきます。病状等で来院が困難な場合は、こちらからお伺いします。

夜間や休日の緊急時の場合はどうなりますか

当院は、在宅療養支援診療所として24時間体制で、在宅療養の患者さんを支えます。緊急時や不安があったときはすべて、当院の代表電話にご連絡ください。医療生協の常勤医師が常時待機して、ご相談や往診に伺います。訪問看護を受けている場合は、まず訪問看護師さんに連絡していただくこともあります。

高度医療等への対応について

膀胱留置カテーテル、経鼻・経管栄養、胃瘻、中心静脈栄養、在宅酸素、気管切開、人工呼吸器、褥瘡治療、がん性疼痛緩和、終末期医療など、その他いろいろな在宅医療に対応しております。

料金はどれくらいかかりますか

1割負担のかたで、月2回訪問診療をした場合、約7000円です(薬代は除きます)
3割負担の場合はその3倍です。
当医療生協の組合員には車代はいただきません。
世帯の収入による様々な負担軽減の制度があります。
身体障害や特定疾患などによる医療費負担軽減の制度もあります。
医療生協独自の制度として「無料低額診療事業」も実施しております。 遠慮なくご相談ください。

宇都宮協立診療所